日本教育技術学会会則  

第 1 章  名   称


第1条 本学会は日本教育技術学会と称する。



第 2 章  目   的


第2条 本学会は、教育技術の発掘・創造を期し会員相互の研究上の連絡・協力を促進することを目的とする。



第 3 章  事   業


第3条 本学会は第2条の目的を達成するために、次の事業を行う。

     1.会員の研究の促進・援助

     2.機関誌(『教育技術研究』)その他の刊行物の刊行

     3.年次研究大会(日本教育技術学会大会)および研究集会の開催

     4.内外における関係研究団体との連絡提携

     5.前条の目的にそったその他の事業



第 4 章  会   員


第4条 本学会に入会するには、所定の手続きによって申し込むものとする。


第5条 会員は退会届を提出して退会することができる。


第6条 会員は会費年額4,000円を納入しなければならない。

      会員の納入を怠った場合には、会員の資格を失うことがある。


第7条 会員は、研究大会・研究集会、機関誌その他の刊行物において、その研究を発表することができる。



第 5 章  組織および運営


第8条 本学会に次の役員を置く。

     1.会長(代表理事)   1名

     2.理事      20名

     3.常任理事      若干名

     4.監査                       2名


第9条 役員の任務は次のとおりとする。

     1.会長は本会を代表し、諸会議を招集する。

     2.理事は常任理事会を構成する。理事会は本学会の重要な事項を審議する。

     3.常任理事は常任理事会を構成する。常任理事会は本学会の常務を審議する。

     4.監査は、会計を監査する。


第10条 役員の選出は、次の規定による。

     1.理事は会員の内から選出する。理事に欠員が生じた場合は、次点者をもって補い、その任期は前任者の残余期間とする。

     2.会長は、前号によって選出された理事の互選とする。

     3.常任理事は理事の互選による。

     4.監査は、会員の内から代表理事が推薦し、総会の承認を得て委嘱する。


第11条 役員の任期は、3学会年度とし、重任はさまたげない。


第12条 機関誌の編集は常任理事会の委嘱によって構成された編集委員会が行う。

       その規則は別に定める。


第13条   総会は、本会の事業および運営に関する重要事項を審議決定する。

       総会は、毎年1回、研究大会の期間中に開催する。


第14条 本会の学会年度は研究大会の終了の翌日から翌年研究大会終了の日までとする。


第15条 本学会に事務局を置く。

     1.事務局の所在は理事会の承認を得て会長が定める。

     2.事務局に、事務局長1名および幹事若干名をおく。

       事務局および幹事は常任理事会の議を経て代表理事が委嘱する。



第 6 章  会   計


第16条 本学会の経費は、会費、事業収入、補助金、寄付金、その他の収入をもってこれにあてる。



第 7 章  付   則


第17条 本学会の会則の改正は、総会出席者の過半数の承認を要する。